トップ / 学校の欠席が公欠の場合

学校の公欠という制度とは

学校には、公欠という制度があります。これは、部活動の大会が、授業と重なってしまい、授業に出席できない場合などに利用できる制度です。公欠届けを事前に提出しておくと、授業を欠席扱いにはならず、出席日数も減りません。特に、土曜日に授業がある私立高校などでは、大会が土曜日に開催される場合が多く、様々な生徒がこの制度を利用しています。なぜ、学校側はこの制度を認めているのかというと、部活動の大会で活躍すれば、知名度も上がり認知度も上がるなどのメリットが多くあります。そうすれば、入学者数も増え、有名校になる場合があります。

教科書

公欠になる休み方について

学校生活をしていく上で、欠席をすることはあまり歓迎されないものです。しかし、病気やけがなど以外で、休まなければならない場合、その欠席が、公欠となるケースがあります。公欠となるお休みの、一番多いケースは、各種大会に出場するものです。学校を代表して大会に出る場合は、ほぼこれになります。スポーツの大会に限らず、文科系(吹奏楽など)のコンクールなども対象となります。全国レベルの運動部や、場合によっては世界大会に出るような場合は、非常に長い期間休むことになります。もうひとつは、高校生が大学受験や就職試験を受ける場合です。こちらも平日に試験がある場合は、公欠として扱うことになります。

学校に行けない学生の情報

© 学校へ行けない子どもたち. All rights reserved.