トップ / 学校とお礼状について

学校へのお礼状について

学校教育の中で、教育面から地域への奉仕活動などを行っている地域もたくさんあります。たとえば敬老の日などに老人ホームを訪ねてお年寄りの人たちと楽しく過ごしたり、あるいは中学生や高校生ぐらいになれば食事を一緒に作ったりすることもあります。こうした学校との触れ合いを喜ぶお年寄りは多いので、彼らから施設の職員を通じてお礼状が届くこともあります。教育とは大人になっても困らない知識を得ていく場であるわけですが、人を思いやる気持ちを育む場所でもあります。教員を初めとする教職員にはこうしたことも考えながら、職務に精励する必要があります。

教科書

卒業後のお礼状について

大学などの学校を卒業した後に、ゼミでお世話になった恩師にお礼状を書くことは社会人としての一つのマナーのひとつとなっています。主に、就職後どのようにしているかや、大学時代でお世話になった話を手紙に書いて報告することが多いようです。学校を卒業した後も先生に年賀状や暑中見舞いなどを送る生徒も少なくありません。それに加えてお礼状を送ることで先生たちは教え子の状況を知ることが出来るので喜ばれています。手紙だけでなくハガキで送ることもできるので気軽に出すことができます。基本的な書き方は「拝啓」と「敬具」などの「頭語」と「結語」を使った書き方が一般的となっています。

学校に行けない学生の情報

© 学校へ行けない子どもたち. All rights reserved.