トップ

学校に行けない子供たちについて

学校に行けない子供は、少なくありません。子供たちの多くは、さまざまな理由で登校していないのです。その理由を見つけることは、難しいことがあります。子供がその理由を述べると、解決策を考えやすいですが、理由を述べない場合もめずらしくありません。その場合は、保護者が教師に連絡する必要があります。教師も、保護者との連携を必要としています。教師と保護者が一緒になり、協力して、子供が再び登校できるように支援することが必要なのです。学校に行けない子供たちのサポートは、保護者や教師や地域の人など、多くの目で見守る必要があります。

教科書

不登校になってしまう子供たち

学校に行けない、不登校児は必ず存在するものです。そこに至る理由は様々ですが、いじめやクラスの環境になじめない等の問題だけではなく、軽度の発達障害や家族の理解力など複数の原因が重なっていることが多々あります。特に多いのが、学校に何故行かなければいけないのかをそもそも知らない事です。当たり前のことだと教えられても、なぜ当たり前なのか教えてくれる人は少ないものです。自分がそうだからと言って子供も理解できているとは限りません。そもそも、助けを求めようにも、助けの求め方も知らない『手間がかからない良い子』が不登校児になりやすいのです。親として、周りで接する社会の人間として子供たちの本音を聞き出す姿勢が問われているのです。

学校に行けない学生の情報

新着情報

© 学校へ行けない子どもたち. All rights reserved.